行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

うかる!行政書士

行政書士,教材,おすすめ

行政書士 の教材でランキングを企画したら、おすすめだという意見が殺到しそうなシリーズに「うかる!行政書士」があります。

このシリーズが行政書士初学者によくおすすめされる教材になっている秘密を書き出していきます。



『「うかる!行政書士」シリーズのアウトライン』

総合テキストについては、全範囲を収録しています。その結果、けっこうな厚みがあります。

気軽に持ち歩けるような教材ではないため、特におすすめしたい相手は、行政書士の勉強をする時間を大量に取れる人となります。

解説が豊富で理解を深めやすい上(「入門ゼミ」と併用するとさらに覚えやすいでしょうか)に、必要なことを一冊にまとめている点では間違いなく評価できますよ。

膨大な情報を苦心して、大事な部分をわかりやすい書式で述べている姿勢、特に法令の条文を随時抜粋している点も評価できます。



総合問題集も、過去の問題集の対策に加えて、予想問題集も途中から掲載しているため、一冊でも複数分の問題演習ができる本だと呼べます。

過去問題の解説が豊富(これは重要なことです。ただ問題の正誤について記載してあるだけの問題集では意味がありません)なことも行政書士の教材としておすすめできる点ですが、それプラス、予想問題集の予想が特に的確で、問題の範囲や難易度のバランスもよいため試験に向けて実践的なプラクティスをすることができるでしょう。



『メインとなるテキストはどうなっている?』

「うかる!行政書士 総合テキスト」が中心となります。約3000円です。

このほか、「入門ゼミ」といった初学者向けのテキストも安く販売されています。



1分マスター行政書士という暗記専用のテキストもあります

重要例文や判例について、暗記がなかなかできそうにないという人に向いている教材です。

赤いシートを使って、解答を隠すことができますから、出先で使ったり、通学や通勤中に読んだりしながらレッスンをすることもできます。



『問題集・六法全書等はどうなっている?』

「総合問題集」が、行政書士の教材の世界全体でもとびきり有名で、「おすすめ! テキストと一緒に買うのもいい!」という声も多いです(約3000円弱です)よ。

また、「合格点突破 差がつく解法のテクニック」も、過去問をベースにして「アウトプットとインプットのコツがわかる」と高評価です。

「直前模試」といったバリエーションでも売られています。



『制作~発行元』

伊藤塾


行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme