行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

ダイエックス

行政書士 の通信講座の中で、教材が洗練されていて、わかりやすく勉強できる講座、
特にコストパフォーマンスが高いと人気を呼んでいる行政書士通信講座の
概略を説明しましょう。ここでは「ダイエックス」を説明します。



『「ダイエックス」が開く行政書士通信講座のアウトライン』

「行政書士 熟テキスト」シリーズほか、多数の参考書籍で有名な
ダイエックス出版と同じ系列グループとなるダイエックス
(「ロイヤル商事株式会社」の「ダイエックス事業部」です)。

申し込むと六法がプレゼントされるような特典もあります。

ただし、原則として普段の講義にダイエックス出版が出す教材が使われるわけではないようです。



オリジナルのテキストは、「なるべく、見づらくならないように」というルールを
守りつつ「なるべく情報を多く詰め込んだ」逸品
ですね。

もっとも、表やグラフも多くてすっきりとしてはいるのですが、
原則として二色刷りで、長く読んでいると飽きるという意見があることは否定できません。

DVDやWebの講義についても、原則として
指導者がホワイトボードや黒板の前に立って話す姿を固定撮りしているため、
特に見やすいとまではいきません




(録画型講義を活用して)問題演習を多用した解答力の強化を行うことに力がこもっていて、
繰り返し見続けて、繰り返し指示どおりに学習を重ねていけば
けっこうな実力を養えることはほぼ期待していい点でしょう。



特に、受講期間の終わりが近づくと、徹底したアウトプットの特訓が盛り込まれています

これは本当に具体的で、たとえば、つまづく受験者が毎年大量発生する、
記述式問題の具体的な指導等もコースに含められています。

行政書士受験者の身になって考えてくれる通信講座だといえますね。



『行政書士の試験範囲をひと通り学べる、代表的な通信コース一覧』

標準マスターコース:150000~200000円前後

合格総合マスターコース:150000~200000円前後



『使用されている教材』

オリジナルテキスト数冊のほか、問題集として「確認テスト」等が必ずついてきます。

また、「行政書士マスター六法&判例」が
費用の中に含まれた形でついてくる可能性が高いですね。



講義レジュメやPDFデータが添付されることもあります。



そして、DVDないしWeb動画で、講義を受講しながら受験を目指す形式をとります。


行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme