行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

フォーサイト

行政書士 の通信講座の中で、教材が洗練されていて、わかりやすく勉強できる講座、
特にコストパフォーマンスが高いと人気を呼んでいる行政書士通信講座の
概略を説明しましょう。ここでは「フォーサイト」を説明します。

『「フォーサイト」が開く行政書士通信講座のアウトライン』
フォーサイトは、通信講座のスペシャリスト企業で、行政書士のコースを開講するにあたって
通学講座にはない「独自性の追求」と「不要な宣伝費をかけずに教材のほうに投資する」
というスタンスで発展してきた会社です。

フォーサイトの教材は、初学者向けであることをことさら重視しています。
まず教材が極端に低額ですね。これは宣伝費が低額で間に合っているからできることのようです。

しかしお粗末な教材にはなっていません。
読みやすさ、わかりやすさについては業界随一という評判もあり、
イラストが多数挿入された説明が豊富で、まったくの初学者でもついていける構成です。
ヴィジュアル面ではこの点に加えて「二色や三色どころではなく、何色もふんだんに使われた
ページ構成
」で、字がごちゃごちゃしているテキストが苦手な人にぴったりです。

問題集は一色刷りですが、実試験での登場量や、解答にかける時間の目安等が記載されていて初学者には本当にありがたい構成です。

CDは持ち運び用に、DVDは室内再生用に適しています
(両方セットで注文してもあまり割高にはならない価格設定です)。
DVDもテキストに負けないわかりやすさと評判ですが、
その理由は「通学講座が通信講座に転用されるケース」でよくある、
「教室の講義を直撮りしただけの録画」ではありません

専門の撮影場所を設けて、時間をかけて撮影しているためです。

フォーサイトのDVDは、指導者の姿を、角度を随時変えてほどよい距離で映しているほか、
電子黒板を随時挿入したりテキストを拡大したりして、
要点がどこなのか常にわかりやすい演出
がされています。

フォーサイトは通信講座のみの会社ですが、Webサービスを増やして
受講者とのコミュニケーションを密にする努力もしているため、
右も左もわからない初学者が迷わずに行政書士の勉強をはじめられる通信講座となっている
といえます。

『行政書士の試験範囲をひと通り学べる、代表的なコース一覧』
基礎講座:30,000~50,000円前後(教材の組み合わせによって変わります)

このほかに「過去問講座」もあって
30,000~50,000円前後(教材の組み合わせによって変わります)。
両方をセットにすることもできます(合計額が1~2万円安くなります)

『使用されている教材』
オリジナルテキスト8冊、オリジナル「法改正情報」
問題集として「確認テスト」あり(ネーミングは「道場破り」)
過去問講座ではオリジナルの問題集や模擬試験がついてきます。

講義を録音したCD、講義を録画したDVDがあります。
「道場破り」は機能が多い受講者専用Webサイトですが、
その中でテストをやることもできます。


⇒フォーサイトの詳しい詳細



行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme