行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

学習効果を飛躍的にアップさせる「講義」は必須

「行政書士資格」といえば法律系資格の登竜門として、さらには独立開業が狙える資格として毎年多くの受験生が挑戦する試験となっており、その対策として通信教育講座は様々なスクールからいくつも展開されています。

しかしながら、ひと口に「行政書士試験対策の通信教育」と言っても、その講座内容はスクールごとにかなり特徴があるもの。実際に選ぼうとすれば、「一体どれが良いんだろう」と頭を悩ませる受験生がほとんどであると思います。

これから行政書士試験に挑戦する受験生の皆さんが選ぶべき通信教育の特徴として、前ページでは「スキマ時間の活用が出来る教材」という視点をご紹介しましたが、このページではもうひとつ、「講義付講座であること」という特徴を挙げておくことにいたしましょう。


通信教育に講義、なんていまいちぴんと来ない方もいらっしゃるでしょうか。通信教育といえば基本的にテキストのみ、といったひと昔前の認識をお持ちの方も多いかもしれませんが、これはすでに古い考え。今では行政書士試験対策に限らず、通信教育といえども講義受講が出来る講座というのは格段に数を増しているのです。

もちろん、大手の資格学校であっても未だに講義付でないものもありますが、そういった講座はもはや時代錯誤。ぜひ、「講義付」にこだわって行政書士通信教育選びを進めてみましょう。


行政書士通信教育の講義を120%活用するポイントとして、

・不明点は納得いくまで何度でも視聴する

・音声のみの聴講を日常生活に活かす

の2点を挙げることが出来ます。

通常、予備校の通学講座では講義受講はその場限り、その時は「分かった」と思っていても、家に帰っていざ復習しようとすると「?」となる点も多いと思います。

そんな時、通信教育であればいつでも講義映像を復習することが出来るわけですから、予備校通学以上の学習効果が期待できるといっても過言ではありません。

また、講義音声のみを日常的に耳に入るようにしておくことで、いつでも知識に触れることが出来るようになります。


行政書士の講義付通信講座の活用の仕方は、ただ単に机に向かうだけにとどまりません。

日常の何気ない時間も学習時間に変える、画期的な学習法であると言えます。

行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme