行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

行政書士の教材選び/余白の量はポイント? 

テキストや問題集のような行政書士の教材選びでは「余白がたくさんあったほうがいいか?」という質問が飛び出すことがあるようです。

人によって、好き嫌いがありますから「万人向けの唯一の回答」を出すことはできませんが、不特定多数の行政書士受験者におすすめできる答えは「イエス」でしょう。

字がいっぱいありすぎると、目に負担がかかる
文字がびっしりと各ページに盛り込まれた行政書士の教材は、何十分も凝視していると思ったよりも目や脳にとって重荷となるものです。
それに、書いてあることを短時間で理解するという意味でも、余白が適度にあるページのほうがうまくいくという傾向があります。
余白の量は、図や表、イラストの挿入とも関係が多少あります。図表・イラストを見やすく表示するためにも余白のバランスは大事なのです。

いろいろなことをペンやマーカーで書き入れやすい
メモしておきたいことや付記したいことがあったときにペンで何かを書いたり、強調したい部分にマーカーを引いたり……といったことをするときも、余白が多いページのほうがうまくいくはずです。

欄外にいろいろな情報が書いてあればなおよい
行政書士の受験では、テキスト・問題集ともに、欄外に何か役に立つ情報等が欠かれているものは、見やすい上に使いやすいものです。これも余白の分量と切っても切れない関係にあるといってよいでしょう。

余白が適度に入っている教材にいろいろなことを書き込んでおけば、行政書士試験当日にももっていきやすいもの。試験日に重い教材を持参するわけにはいかないですが、それと対照的に試験直前の最後の見直しをするときもおそらく便利でしょう。

行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme