行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

行政書士の教材を使う場所<車内での活用>

行政書士の教材は、今では忙しい受験者の立場になって、デザインされています。だからこそ、今どきの教材はテキストや問題集から、講義メディアに至るまで、「ポータブル」につくられるように変わってきたのです。

実際に、毎年の行政書士合格者にアンケートを実施すると、家の外でも勉強をしたという意見はよく返ってきます。その中で見逃せないのは、「電車やバスの中」という回答でしょう。

通勤や通学のために、電車やバスのような公共の交通機関を使う人は、ものすごく多いです。乗車中の時間を効率よく使うという意味では、確かに行政書士の教材の使用時間にあてるのはとても合理的。

では、どんな使い方が考えられそうでしょうか? 

テキストや問題集のような、冊子型の教材
席に座っているときなら、当然本を開くことも可能でしょう。邪魔にならないように、サイズが小さくて薄い本がベストですが。
とても小型で、手のひらサイズの参考書の類があるなら、それがいちばんでしょう。このタイプなら、座れなかったときでも使うチャンスがあります。

DVDをはじめ、映像型の講義メディア
席に座れなかったときは、これはほぼ使えないでしょう。ただし、スマートフォンでアクセス・再生可能であれば、チャンスはあります。ただし、映像に気を取られているうちに降りる駅・停留所を逃さないようにしないといけませんが。

CDをはじめ、音声型の講義メディア
実はこれは、乗車中の行政書士の勉強にとても適しています。
音声だけを聴くのなら、プレイヤーにイヤホンをつけて使えば席に座れなかったときでも問題ありません。降りる駅・降りる停留所を見逃す危険も、比較すると少ないそうです。

簡単なゲーム形式の教材
スマートフォンやタブレットで、アクセスできるサイト内で、「一問一答」のようなゲーム形式の教材を提供している業者もいます。また、アプリのようなもっとコンパクトなシステムを提供している業者もいる時代です。
これらも、乗車中の勉強には向いています。立っていても使いやすいですから。ただし、降りる駅・降りる停留所を見逃す危険はやや増えるという意見があります。

行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme