行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

行政書士の教材を使う場所<外の勉強場所での活用>

行政書士の教材を使う場所として、「外部の勉強場所」も忘れてはいけません。行政書士合格者のアンケート結果でも、自宅の外に、専用の勉強のための施設を使ったという意見はけっこう出てきます。

学校の自習室
これは、資格の学校等の行政書士講座に申し込んでいるときの一種の特権となっています。
大手の学校であれば、校舎の中に、一般の教室とは別の自習専用の部屋を設けているものです。
自習のためにつくられていますから、静かに保たれていますし、管理もたいていの場合は行き届いているはず。
使える時間も、長めに設定されていることがほとんどです。
通学するのなら、自習室の質や状態もよくチェックしてから選ぶべきでしょう。

民営の自習室
これは、料金を払って、自習するスペースを提供している業者を指します。
全国的に増えていますが、都会と地方ではどうしても格差があるようです。また、業者によってサービスの内容が大きく異なるのも事実。

それでも、いいところであればとても快適な環境で行政書士の受験勉強に集中できますし、サービスも充実しています。開放時間も、よいところであれば24時間無休ということがあります。

興味がわいてきたときは、見学を必ずしてから決めるべきでしょう。

図書館
公共の図書館は、勉強するスペースを昔からつくっており、何十年も前から一般市民に広く使用されてきました。
ただし、最近は使用制限が目立っているといわれています。実際に、条件が厳しくなっていますし、申し込みが多いため順番待ちになるパターンもしばしば。
無料で、誰でも使える点はメリットですが、自治体によって最新の使いやすさはバラバラです。結局、使いやすいかどうかを最寄りの図書館に問い合わせる必要があるでしょう。


行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme