行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

行政書士 熟テキスト

行政書士 の教材でランキングを企画したら、おすすめだという意見が殺到しそうなシリーズに「行政書士 熟テキスト」があります。
このシリーズが行政書士初学者によくおすすめされる教材になっている秘密を書き出していきます。

『「行政書士 熟テキスト」シリーズのアウトライン』

「行政書士 熟テキスト」シリーズは、基本書となるテキストがまず二分化されていることからもわかるように、かなり試験範囲を深く掘り下げて解説しています。
法令の引用もかなり豊富なので、六法全書とにらめっこしながらテキストをめくっていくような手間もあまり発生しません

結果として、基本テキストのわりにはすでに相当の情報ボリュームとなっていて、結果として読む作業に時間がけっこうかかることになります(文章の書き方やページ構成が見づらいということはないのですが)。

このシリーズは、ひと昔前は「おすすめできる行政書士の教材」という評価は少数でしたが、この数年で、だいぶ行政書士の出題傾向が変わって目新しい出題も見られるようになったので、徹底した対策をしたい人から高評価を得るようになりました。
基本テキストだけで、細かい対策までできるという「上級者向けの基本テキスト」になりつつあり、行政書士の初学者にこのシリーズの教材をおすすめする人たちも増加中です。

「ダイエックス行政書士試験対策プロジェクト」は、とにかく刊行点数が多いので、「塾テキスト」シリーズ以外にも手を伸ばすことも悪くありません。
問題集は特に「過去問演習」や「直前予想模試」ほか、2000円以下で買える種類が多くて手を伸ばしやすい行政書士の特訓用教材としておすすめできます。

『メインとなるテキストはどうなっている?』

「行政書士 熟テキスト 法令編」(約3000円前後)に「行政書士 熟テキスト 一般知識編」(約2000円弱)があります。
ただ時期によって品切れになることがありますから注意が必要です(編纂に時間がかかっているためでもありますね)。

『問題集・六法全書等はどうなっている?』

「行政書士 熟過去問」があります(約3000円前後です)。
六法には、「熟テキスト」というネーミングではありませんが、同じ版元から出ている「行政書士マスター六法&判例」(約3500円弱です)を使うことが、初学者の間では流行っているようですね。

『制作~発行元』
株式会社ダイエックス出版(「ダイエックス行政書士試験対策プロジェクト」)

行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme