行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

いい教材を買っても独学はNG

行政書士 の教材ランキングのトップに立てるような優良な教材を買うことはとてもおすすめできることです。ただし、どんな優良な教材を使っても試験に落ちる人は毎年大量発生します。その背景はどうなっているでしょうか?
行政書士の最高の教材を買ってから、「これさえやれば受かるだろう」というノリで独学をはじめる人たちがいますが実はこれが命取りでしょう。
行政書士の教材はそれだけを使って独学するのではなく、指導を受けてその指導内容を定着させるために使うことがベストの使用法なのです。

行政書士の人気教材の大部分は、「何も予備知識のない初学者でも理解できる」ように、「試験に向かってどんどんレベルアップしていける」ように、確かに慎重に構成されていますが、行政書士試験に独学で立ち向かうことは、あまり成功率が高いとはいえません。
独学で行政書士に受かろうともくろむ人は毎年あちこちにいます。

独学志願者たちは、いい行政書士の教材を揃えようとするのが普通ですから、前ページまでに取り上げてきたような評判の高い教材も買い集めているようですが、それでも合格率は(がっかりするほど)伸びていません。
もともと、行政書士の合格率は予備校の通学者でさえもたいして高くはないのです。

独学で行政書士を受けようとすることは、予備校に通う場合と違って、全部の時間を自由に使えるのでとてもやりやすそうに見えるのではないでしょうか。
しかしそれが両刃の剣です。

ついつい、だらけやすくなってしまうだけではありません。
テキストや問題集を全ページ通読しようと思っても無理があります。
全部を読んで覚えればいいというものでもありません。
どこが特に大事なのか、それから書いてあることがどんな意味なのか、教えてもらいながらでないと勉強ははかどらないのです。
結果として、書いてあることを真に理解するまでに膨大な時間がかかりますから、予備校に通って教わる人よりもだいぶ遅れをとることになります。

独学は時間があまりかからず、費用も行政書士の教材の分くらいしかかからないので、やりたがる人が絶えないようですが、それだったら今は通信講座を使うほうが得策です。
通学しないでいい点では独学とまったく同じです。

料金は払わないといけませんが、安くて済む講座も探せばありますし、何よりも、テキストや問題集のような行政書士の教材をどう使うといいのかを教えてくれます。
自分の勉強時間をいちばん効果的に使えるのが最新式の通信講座ではないでしょうか。
通信講座のよさや教材の使い方を知るために、次のページへ進んでください。

行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme