行政書士の教材ランキング

~ベストの使い方まで教えます~

教材の効果がいちばん出る方法は?

行政書士の完成された教材を得られて、しかも時間も費用もあまりかけずに合格に突き進めるチャンスがただの独学よりも多い勉強法、それが行政書士の通信でしょう。

行政書士の教材ランキングでは、予備校や通信講座を運営している業者が版元となっている例が目立つことからもわかりますが、行政書士の優良な教材は、やはり毎日行政書士を教える仕事をしている人たちがプロデュースに携わったほうが、いいものができやすいようです。
一般の出版社から出ている良書も、通信講座や予備校で長年教鞭をとってきた人が編集や執筆に参加していることはよくあります。

このことからわかることは、できるだけ優良な行政書士の教材を使って勉強したい場合、それもなるべく独学志向の場合は、通信講座で教材を獲得するほうがいいということでしょう。

最近の通信講座が特に優れている点は何でしょうか?
それは、行政書士の教材が進化して、通学型講座の指導と独学の自由さが両方ともに引き出されている点でしょう。

通信講座の教材も、今でも中核をなすのは、テキストや問題集、そして六法全書の簡易版といった印刷された冊子です。
一流の予備校が通信講座を併設している場合も通信講座専門の場合も、そのつくり込みには非常にきめ細かな手法がとられるようになっています(格差はありますが)。
しかしそれだけではありません、最近の通信講座では、一流の指導者による講義を家庭に配布してくれます。

録音型の教材としては、カセットやCDがありますし、録画型の教材としては、DVDやストリーミング動画があります。
ただの独学では、テキストや問題集をひたすらにらめっこするようにして、全部を自分の頭で理解していくしかありませんが、通信講座の教材を使うと、「テキストのどこを重点的に読んだらいいのか」「書いてあることはどういうふうに理解すればいいのか」を、講義を再生するたびに教えてもらえます。

録音型の場合は、持ち歩きながら聞くことができるため、独学できる場所や時間が増えますね。
録画型の場合は、指導者の顔を見ながら説明を聞けますね。
そして大事な部分を書いてくれたり、またはテキストを拡大して見せながら説明してくれたりしますから、理解度の進行ぶりはただの独学とは桁違いの速さになります。

行政書士の通信講座は、「質のよい教材をまとめて入手できる」「独学と違いそれをもとにして指導してもらえる」「しかし時間を大幅にとられることもなく、費用も通学ほどはかからない」と、願ったりかなったりの勉強法です。
行政書士の市販の教材はもちろん随時購入して取り組むこともおすすめですが、中心となる教材は通信講座から得て使うようにして、独学は避けることがベストだととらえてほしいものです(次のページからどんな通信がよいのか説明していきます)。

行政書士の教材ランキング © 2014 Frontier Theme